屋根修理料金は負担金0円で可能!

台風被害の修理

台風時の屋根修理方法

台風被害の修理について

日本では毎年夏の終わりから秋にかけて、台風が到来します。そもそも台風とは、熱帯の海上で発生した「熱帯低気圧」が発達したものです。熱帯低気圧の最大風速がおよそ17m/s以上になると「台風」と呼ばれるようになります。

日本では古くから台風には番号をつけて読んでいます。ニュースなどでも「台風21号」「22号」などと呼ばれているのを、耳にされた事もあるでしょう。特に勢力が強く大きい被害を出した台風については、別に名前がつけられる事もあります。

日本は特に台風の通り道となる事が多く、昔から多くの屋根に台風被害を受けてきました。特に被害の大きかった台風としてあげられるのが、1934年の室戸台風、1945年の枕崎台風、1959年の伊勢湾台風です。

死者・行方不明者の数など、まさに大災害という名にふさわしい台風だと言えるでしょう。こうした台風災害の教訓を得て、近年の日本では屋根修理などの台風対策が備えられるようになってきました。

近年の住宅は技術が進んできたために、かつての住宅ほどでは無いのですが、それでも台風に対しての備えは必要不可欠となっています。窓や雨戸はカギをかけておき、場合によっては外から板を打ち付けて補強しておいた方がいいでしょう。

また庭木や塀の補強、自転車や植木鉢など飛びそうなものは、あらかじめ家の中に避難させておく必要もあります。もちろん停電に備えて、電池式のラジオや懐中電灯なども必要です。雨漏りしそうな場所はあらかじめ、屋根の修理を行っておくべきでしょう。

台風の規模によっては避難をしなくてはならない事もあるでしょうから、常日頃から非常用品をまとめて袋に入れておいた方がいいでしょう。

台風が過ぎ去っても、屋根に修理が必要になるような被害を受けていることは十分考えられます。テレビのアンテナや樹木などが折れていたり、カーポートの屋根が飛んだり塀などが崩れてしまっている可能性も十分あります。

屋根瓦が飛んだり、逆に飛んできた屋根瓦や石などで家や屋根が傷ついてしまい修理・補修をしなければいけない、という事もあります。台風が過ぎ去ったらまずは安全を確認してから、住宅や屋根が傷ついていないかどうか、点検・調査を行った方がいいでしょう。

台風は火災保険会社が示す「風災被害」にあたります。「風災」とは強い風などによって、住宅や屋根が被害にあったという事を示します。どんなに小さな被害であっても、それが風災による被害であるのなら、火災保険で屋根修理できる可能性があります。

泣き寝入りをする前に、まずは住宅や屋根の被害に対して風災被害による火災保険が適用されるかどうか、鑑定調査を依頼してみてはいかがでしょうか?

台風の被害を少なくするためには、あらかじめ怪しい所を修理しておくというのも大事な手段の一つです。特に普段は意識していなくても、強い雨になると屋根から雨漏りが発生するという事はしばしばあります。

そしてこれは部屋の中からでは、その予兆になかなか気づきません。専門家による屋根の鑑定調査が必要です。屋根は日常的に風雨にさらされていますので、そういった風災のダメージをなんらかの形で受けています。台風によって大規模な屋根の修理・補修が必要となるまえに屋根の鑑定調査を行って、あらかじめ修理をしておけば結果として被害が少なく済むものです。

古くから「備えあれば憂いなし」と言う諺があります。大きな被害を受ける前に、あらかじめ修理を行って少しでも台風に対する備えをしておきましょう。

banner_request04_off

index_five_promise

電話で「簡易屋根診断」が受けられます TEL 0120-676-147 土日祝日も受付 9:00~18:00

PAGETOP