屋根修理料金は負担金0円で可能!

スレート瓦の修理

スレート瓦について

スレート瓦の修理補修方法

スレートというと、「人工スレート」の屋根材の事を指します。

別名としては、「コロニアル」や「カラーベスト」の名前で呼ばれている方もいらっしゃるかもしれません。

何故このように呼び方が分かれているのかというと、メーカーの商品名だそうです。

スレート瓦の歴史としては1960年頃から製造され、主原料はセメントと石綿(アスベスト)、それを板状にして塗装を施したものを指します。

この利点は、非常に薄いため軽量でコストも安くカラーバリエーションも豊富で、さらに家への負担も少ないといいこと尽くしです。

大変理想的な屋根材なのですが、耐風性が低いのがデメリットとして挙げられます。

長くても20年で大規模な修理が必要になるそうです。立地条件によってはさらに短くなる可能性も考えられるので、定期的な修理メンテナンスが必要でしょう。

スレート瓦は表面の塗装で防水の耐久性を確保しているため、長年風などに晒されていると塗装が剥げていきます。

塗装が剥げた箇所から急速に本体部分も被災し、雨漏りの原因となります。

スレートは瓦の様に1枚だけ差し替えるといった補修がしにくいので、修理方法としては剥げる前に塗装をし直すこともございます。

修理メンテナンスの目途としてはおよそ7~10年と考えられています。

すでに剥げていたり苔が生えているスレート屋根をよく見かけるのですが、そうなる前の修理メンテナンスを心掛けましょう。

デメリットとしては、スレート瓦は割れやすく、突風などの気象現象でさらに脆くなる点です。

また最近多いのが地上デジタル用アンテナを立てようと屋根に登ったら、屋根材が割れてしまったという件です。(この場合は、火災保険での修理補修できません。火災保険の対象は、突風や積雪などによる自然災害のみです。)

現在ではアスベストを含まないスレート瓦がほとんどですが、耐久性が従来のものに比べると少し劣るのが難点です。

また、葺き替え修理を考えた時にもアスベストについての注意が必要です。

傷みが激しいと飛散する可能性が出てきますし、屋根の葺き替え修理となりますと特別な資格を有した責任者や管理が必要となり、見積もり以上の費用がかかってしまう場合もあります。

スレート瓦屋根で葺き替えを考えている方にオススメなのが、金属屋根によるカバールーフ工法です。

これは、屋根の上からさらに屋根を貼るリフォーム修理方法となります。

撤去費用・産業廃棄物費用等を考慮しますと、既存屋根の上から新しい屋根を貼っても問題が無いと判断した場合はベストな工法であると言えます。

スレート瓦の注意点

注意点としては、既設屋根材の隙間や上下の重なりを塞ぐのはご法度です。

特に上下の重なりを塞ぐと漏水に繋がるのですが、時には塗料で密閉されてしまうこともあります。

それを防ぐ意味で、現在はタスペーサーという部品が販売されてますので、水を逃がせる役目を担います。

約120平米の面積で約1000個くらい使いますが、一個20円くらいですので必需品として取り付ければ、総額としても負担が軽くて済むでしょう。

苔が原因でリフォーム修理をお考えの場合、セメントとアスベストが主原料のスレート瓦は、表面に施された塗装が雨風で壊れ始めると、そこから雨水が浸み込み苔が発生してしまいます。

苔が生えた箇所から内部に水を引きこんでしまい、台風時などにスレート瓦が破損し雨漏りの原因となるため、早めの点検・修理が必要とされます。

数年間、突風や強風などを受けるとひび割れが出来、そこから雨が入り割れ始める場合もあります。

ここから雨が入り下地の劣化や雨漏りの原因になります。

コーキングが剥がれたり、突風でズレてしまったりと接合部から雨が入り下地に影響が出てしまう場合も考えられます。

このまま放置しておくと雨漏りの原因となるため、早急に修理補修が必要です。

まれにスレート瓦に水を含んだまま、急激に乾燥・凍結した場合も、割れたり反ってしまうことがあるため、早めの点検・修理が必要でしょう。(この場合は火災保険の対象外です。しかし、その判断は一般人に難しいと思われます。)

スレート瓦屋根には、クギを使っている部分が多く、風の影響で徐々に抜けていきます。

放置しておくと棟がはずれたり錆びの原因になるため、早めの点検・修理を検討しましょう。

また、経年劣化によって老朽化し、ずれを生じている場合もあります。

そこから雨が浸入し下地の劣化を招くこともあるため、早急に修理が必要とされます。(この場合は火災保険の対象外です。しかし、その判断は一般人に難しいと思われます。)

最も多いケースとしては、台風や強風、突風により塗装が剥がれ、この部分から雨が浸透する場合と考えられています。

このままにしておくとスレート瓦が割れてしまうため、部分修理又は全面葺替えが必要でしょう。

banner_request04_off

index_five_promise

電話で「簡易屋根診断」が受けられます TEL 0120-676-147 土日祝日も受付 9:00~18:00

PAGETOP