屋根修理料金は負担金0円で可能!

しころ屋根について

しころ屋根について

しころ屋根の形状については、兜のしころのように屋根の流れ面が途中で屋根勾配が緩やかになり、全体として2段になっている屋根のことを指します。

しころ屋根は、大棟から軒まで一枚の面ではなく、一段の区切りをつけてすぐその下から軒までを葺く形式が採用されています。解釈は色々あるのですが、切妻造の屋根の4方向に葺き下ろしの屋根を付けたものと解釈されることがあるが、東大寺念仏堂のように寄棟造の屋根にも用いられることもあります。そして、切妻を上部に用いた場合は、入母屋造の屋根と同じような外観となり、見分ることが難しくなります。
元々錣(しころ)とは、兜や頭巾などの下部に布や縅などを垂らし後頭部を保護する覆いのことで、建築では板に段をつけて並べたもののことを言います。「羽板、鎧板」のことを「錣板」と言うこともあります。このことから、庇の屋根板を羽板の要領で葺いたものを「錣庇」といいます。

屋根形式で錣葺と言うのがありますがそれには三形式があり、寄棟造の屋根の上半分を切り離したような形式に、切妻屋根を載せたようなもの(法隆寺玉虫厨子・四天王寺金堂 ・芝増上寺大殿) 、入母屋屋根を載せたようなもの(東大寺俊乗堂) 、寄棟屋根を載せたようなもの(東大寺念仏堂)です。
歴史的には、錣葺は古代から存在し法隆寺より古い大阪の四天王寺の金堂がこの錣葺で建築されており、現在も錣葺で再建されていることで知られています。
錣葺にすることで、区切りが付いた躍動的な屋根になり印象的な建築になります。
「法隆寺金堂」は創建当初は錣葺であったとも言われています。現在では入母屋屋根に変わっているのですが、流れる屋根の線を乱したくなかったためと推測されます。

ただ、錣葺の名残を留めているのか金堂の上層の屋根が中段から大棟にかけて急勾配になっており、この錣葺を意識した結果と考えられるでしょう。
四天王寺金堂の屋根勾配を見てみると、切妻部分が急勾配で庇部分は軽快な勾配となっており、雨漏りを避けなければならない母屋と雨漏りしてもよい庇部分を考慮したことと考えられます。

しころ屋根で最適な素材は、アスファルトシングルである場合が多いようです。
下地の防水紙(ルーフィング)も通常より多めに重ねて施工することで、より雨漏りが防げますし、修理の際も下地を見直すことが重要になってくるでしょう。
また、屋根まわりは屋外にある部位であるため、ある程度の耐久性を備えた材料が用いられてはいるが、風雨にさらされる厳しい環境の中で一番劣化等がみられる部分なので、修理の依頼で多い部分でもあります。
このため、しころ屋根は材質に応じて2~6年、軒裏天井と雨樋は2~3年、バルコニー、濡れ縁は材質に応じて1~5年を目安に定期点検を行い、耐用年数を迎える頃に全面的な取替え等の大規模な補修が必要となります。

しころ屋根のような歴史ある屋根、そのような屋根に対しても修理の知識が求められます。私達は日々の勉強を怠らず、お客様のご要望に対して、最適なご提案を出来るようにしているのです。
屋根の事でお困りでしたら、是非一度ご相談ください。

このような屋根は、ルーフパートナーの対象となります

あなたのお宅の屋根も、このようになっていませんか?
屋根鑑定調査で無料で調べる事が可能です。

屋根鑑定調査は100%当社負担です。あなたにリスクはありません。

banner_request04_off

index_five_promise

電話で「簡易屋根診断」が受けられます TEL 0120-676-147 土日祝日も受付 9:00~18:00

PAGETOP