屋根修理料金は負担金0円で可能!

陸屋根について

陸屋根について

陸屋根は、「ろくやね」もしくは「りくやね」と読む屋根の形状の一種のことを指します。一般的には屋上と呼ばれる水平な屋根の事を言います。屋上施設を配したり、ヘリポートを設置できることからビル、マンションなどの高層建築物に多い形状です。また、主にデザインの観点から一般住宅でも最近では採用例が増えているほか、豪雪地帯では落雪事故を防ぐため、鉄筋コンクリート構造での陸屋根を採用する住宅が増えているそうです。

この形状の屋根においては雨水などへの対処として、排水のためのごく緩い勾配の設定と、防水施工が必要不可欠です。陸屋根に設置される排水口はルーフドレインと呼ばれています。
近年注目されている屋上緑化が試みられ、庭園や菜園として利用する場合は、土砂重量に対する構造強度への配慮と、防根対策が大切となってきます。

陸屋根特有の要素は二つあります。
一つ目のペントハウスとは、屋上に突出した小さな部屋のような部分のことで、昇降機室や収納、屋上への出入り口として用いられることが多いです。また、塔屋と呼ぶこともあります。
二つ目のパラペットとは、陸屋根の周囲の立ち上がった部分であり、人の落下や、雨水が外壁に流れ落ちることを防ぐ役目があります。

屋根の外周部にはパラペットを取り付けることが多く採用されています。平屋根と呼ばれることもあります。「陸」とは「平ら」との意味であり、その逆は「不陸」と呼ばれます。一般的には、陸屋根を有する建築物の上の平面部を屋上という場合が多いです。
木造住宅では構造的な理由から、採用されることはないと言っていいでしょう。
また、デザイン的にもトレンドではないためなのか、よほど特別な意図が無い限りは、採用されるケースは稀です。
屋根は、風雨や日射にさらされた過酷な環境で、四角い家の平らな屋根は、勾配屋根に比べ、雨仕舞いが難しく、より慎重につくる必要があります。水平の屋根では水が溜まってしまうので、水平に見えても必ず緩やかな勾配をつけています。これは1/100~1/20のわずかな傾きです。
水平の屋根をつくるのに、大きく、シート防水やFRP防水のような防水でつくる方法と、金属板で葺く方法の二通りの工法があります。

防水修理の場合は、通常、外周にパラペットと呼ばれる壁を立ち上げ、プールのように水を溜め、水を集めるドレインを設置し、放出するのが修理のセオリーです。
金属屋根で良く使われる平葺きは勾配が必要であり、水平の屋根には使えません。
金属屋根で緩勾配に使えるのは、立ちハゼ系の、立ちハゼ葺き、瓦棒葺き、折板等、のみとなります。
いずれも雨仕舞いの原理は同じで、U型やV型断面で継ぎ目のない長尺で、ある程度水を溜める事が可能で、その後1方向に流していきます。

流れる側の端部は、勾配屋根と同じように、樋で水を受け、流すのが一般的です。立ちハゼ、瓦棒葺き、折板、いずれも性格は似ていますが、折板は高さが高い分、雨には強いです。
夏至近くには、太陽高度が高くなるので、水平の屋根面は非常に高温になり、暑さ対策も大切な項目の一つです。十分な断熱だけでなく、2重構造で通気を取ることが必要です。
金属板屋根は音が出やすいですが、温度対策の2重構造と断熱のお陰で、緩和することができます。
雨漏りについては、陸屋根は他の形状の屋根と比べても、特に雨水がたまりやすい形状であるため、防水加工をしっかりしておかないと雨漏りしやすくなり修理が必要となるので、注意が必要です。
屋上を作りたいという希望から陸屋根を選ぶ住宅は増えていますが、通常の屋根に比べて雨漏りする可能性も高くなりますし、また修理やメンテナンス頻度も多くなりますので、検討する際には十分な注意が必要です。

「屋根」には多くの人々の知恵が詰まっています。いかに雨漏りしないか、というだけでも様々な工夫がこらされているのです。

屋根を修理するにはそんな先人の知恵を理解しておく必要が、少なからずあります。ルーフパートナーでは、多くの屋根を修繕した経験から、きっと最適な屋根修理をご提案いたします。

このような屋根は、ルーフパートナーの対象となります

あなたのお宅の屋根も、このようになっていませんか?
屋根鑑定調査で無料で調べる事が可能です。

屋根鑑定調査は100%当社負担です。あなたにリスクはありません。

banner_request04_off

index_five_promise

電話で「簡易屋根診断」が受けられます TEL 0120-676-147 土日祝日も受付 9:00~18:00

PAGETOP