屋根修理料金は負担金0円で可能!

のこぎり屋根

のこぎり屋根について

のこぎり屋根の形状については、片流れが連なった形状の屋根のことを指します。
その形状から連続的に立ち上がり壁に採光をとるための窓や開口を設けられるため、のこぎり屋根は工場に採用されていることで知られています。

のこぎり屋根の住宅はほとんど見かけることはありませんが、採光のメリットをうまく生かした住宅も稀ですが見かけることが出来ます。

歴史としては、日本でのこぎり屋根で有名なのは桐生市で、「西の西陣、東の桐生」と称され、全国有数の絹織物産地として知られてきました。

その街並みは、今でも「のこぎり屋根」の工場が建ち並び、自動織機の動く音が鳴り響いています。

構造として、工場に採用されている理由は、のこぎり屋根の切り立った北側の天窓から差す柔らかな陽光は一日中安定した明るさを確保し、糸や織物の色を見るのに適しているからです。

その形状が織機の騒音を抑えるのにも効果があるそうです。まさに工場に打って付けの形状と言えます。

桐生市の工場は明治中期から次々に建てられ、今も約220棟が現存しています。

桐生市は別名「のこぎり屋根の街」とも呼ばれています。

全国の繊維産地は海外の工場に受注を取られ廃れていく中で、桐生では4分の1ののこぎり屋根工場が今も現役として稼働しています。

雨漏りしやすい箇所については、屋根の流れが凹んでいる部分です。

いずれも雨水が溜まるように、溜まった水が流れないように、また、水が漏りやすいように、わざわざデザインしていると言っても過言ではありません。

雨漏りの修理費用はびっくりするほど高額になることもありますので、以下の点にお気をつけください。

一般的な屋根の形状を選択する際に注意点としては、2点あります。

まずは、雨水がたまってしまう谷部分を作らないということと、屋根勾配をしっかりとつけるということです。

その意味でものこぎり屋根を選択する場合は、特に雨漏り対策については十分に気を付ける必要があります。

さらに、雨水が流れやすい作りにしておかなければ、屋根の傷みが早くなり雨漏りの原因になりますので、特に勾配は意識して付けるようにしましょう。

傾斜の付いた屋根でも、どこかに谷がある屋根は漏りやすくなってしまい、修理補修が必要になります。

地形でも谷地には水が溜まって地盤が緩くなりがちですが、同様に屋根の谷にも水が溜まりやすく、流れにくく、漏れやすく、さらに屋根材、樋材も痛みやすくなるので、漏れそうな危険のある箇所をなるべく作らないようにしましょう。

もし、屋根の谷から水が漏れると、修理が非常に面倒で手間のかかることになります。

一般的には屋根は谷にしない、内勾配にしないのが大原則とされています。

北海道の屋根は無落雪工法と呼ばれる技法では、内勾配の金属屋根が普通だそうです。

鳥の巣などでもドレインが詰まってしまって、水があふれることがあるそうなので、修理メンテナンスは必要でしょう。

雪国は仕方ないとしても、他のエリアでは、ごく一般的な外勾配の屋根が無難です。こと屋根については、無難がなによりでしょう。

このような屋根は、ルーフパートナーの対象となります

あなたのお宅の屋根も、このようになっていませんか?
屋根鑑定調査で無料で調べる事が可能です。

屋根鑑定調査は100%当社負担です。あなたにリスクはありません。

banner_request04_off

index_five_promise

電話で「簡易屋根診断」が受けられます TEL 0120-676-147 土日祝日も受付 9:00~18:00

PAGETOP