屋根修理料金は負担金0円で可能!

ベランダの修理

ベランダの修理方法

ベランダ修理について

あなたはベランダとバルコニーの違い、わかりますか?一番簡単な見分け方としては、屋根(庇)のある物が「ベランダ」。屋根(庇)の無いものが「バルコニー」です。

どちらも同じように見えるのですが、実はこのように違いがあるのです。実は屋根があれば「ベランダ」なので、例えば建物の一階にあっても、屋根(庇)があれば本来はベランダなのです。ただし今では一般的に「テラス」と呼ばれる事がほとんどですが……。

ベランダは常に雨風にさらされているため、どうしても老巧化や腐食が早く進みます。定期的な点検・修理が欠かせないのは言うまでもありませんが、異常に気づいたらとにかく早く修理をする事をおすすめします。

腐食が進むと危ないですし、雨漏りの原因にもなってしまいます。真上にベランダがある部屋などは、ベランダに雨水が溜まる事により雨漏り発生のリスクが高いと言う事ができます。

ベランダの修理でまず必要なのが、防水つまり雨漏り修理です。雨漏り修理の際にはベランダに防水加工を施します。単純に防水加工といっても、いくつかの種類があります。

代表的な防水加工としては、その材質・工法などから…ウレタン系塗膜防水、FRP防水、ゴムシート防水、塩化ビニルシート防水、ポリマーセメント系塗膜防水…などなど、実に多くの修理方法があります。

しかし基本的には防水素材をベランダに対して塗りこんでいく、あるいは貼り付けていく工法になります。これらは修理対象のベランダが置かれた場所、ベランダの用途などにより使い分けていく必要があります。

例えばゴムシート防水は防水工法の中では単価が比較的安く済むのですが、その代わりに歩行にはあまり適していません。ですので普段は出入りしないようなベランダの防水修理としては、最適だと言えるでしょう。

簡単な修理であれば防水加工でもいいのですが、ひび割れなどで雨水が屋根にしみこんでしまっている場合などには、ベランダの基礎部分、コンクリートであったり屋根であったりの修理が必要になってきます。

こうなってくると大規模な修理工事が必要になる場合もありますので、やはり専門の業者に依頼をして、保守点検を行った方がいいでしょう。手遅れになればなるほど、修理工事の規模が大きくなってしまい費用もかかってしまいます。

やはり常日頃からベランダを観察していて、ちょっとでも気になる部分があれば、早めに相談・点検を行うのがベストです。どんな小さな雨漏りでも見逃さないように注意しましょう。

banner_request04_off

index_five_promise

電話で「簡易屋根診断」が受けられます TEL 0120-676-147 土日祝日も受付 9:00~18:00

PAGETOP