屋根修理料金は負担金0円で可能!

雨樋の修理

雨どいの修理方法

雨樋の修理について

雨樋とは、屋根にたまった雨水を地上に流すために設置する細長い樋の総称です。雨樋が無いと雨が屋根から直接流れることになってしまうため、激しい雨の時などは幾筋もの水流が屋根から直接流れだしてしまう事になります。

そうなるとそばを歩く事が困難になるだけでなく、屋根の下の地面がいつしか削られてしまう事にもなります。泥はねや水はねなども起きるため、壁が汚れてしまい傷みも早くなろので、雨どいの設置修理が必要になってしまうでしょう。

普段は気にならない雨樋ですが、今述べたようにその役割はとても重要です。普段はなかなか意識しない雨樋ですが、じっくり観察してみると、割れていたり外れてしまっていたりと思わぬ傷みが見つかり、修理が必要になるものです。

修理せずに放置しておくと、雨水が壁の中に入ってきて壁や柱、土台を腐らせてしまい、破損や老巧化の原因となってしまいます。割れや傷みだけでは無く、落ち葉やゴミなどで雨樋が詰まっていないかどうか、常に目を光らせておきたいものです。

梅雨時、台風の時期になって慌てないよう、定期的な修理・補修・点検が必要であるといえるでしょう。

雨どいには様々な素材があります。ステンレス、銅、アルミニウムなどなどです。形も丸いものや角ばったもの、色も白や黒、ブラウンなど、実に様々な種類がある事に驚かされます。

雨どいを取り替える際には家の雰囲気に合ったものを選ぶのがいいでしょう。ちょっとした事ですが、家に馴染むデザインにするだけで見栄えがかなり違ってきます。

もちろんデザイン面だけでは無く、その耐久性や強度も大事になってきます。例えば積雪の多い地域にお住まいの方の家では、雪の重みに耐えられるだけの強度を持った雨どいの修理がふさわしいでしょうし、逆に夏の日照りが厳しい地域にお住まいの方は、紫外線などによる劣化に強い雨樋を選んだ方が良いでしょう。

もちろん一番大事なのは降雨量なのは、言うまでもありません。雨樋の修理・取り替えの際には自分のお住まいの地域がどういう気候なのかを、きちんと考慮する事が大切なのです。

簡単な雨どいの修理、例えばちょっとヒビが入ったとか一箇所外れてしまったなどであれば、DIYの技術がある方であれば、ご自分で修理する事も十分可能です。材料などはホームセンターなどで簡単に手に入れられます。

しかし屋根の上での修理作業が必要になりますし、先述のようにお住まいの地域によって機能を考えた方がいい事などもありますので、やはりプロの方に一度雨どいの点検・相談し、修理をお願いされた方が良いでしょう。

banner_request04_off

index_five_promise

電話で「簡易屋根診断」が受けられます TEL 0120-676-147 土日祝日も受付 9:00~18:00

PAGETOP