屋根修理料金は負担金0円で可能!

対象建物について

  • HOME »
  • 対象建物について

対象建物について

対象屋根について

負担金「無し」の修理対象の屋根は、以下になります。
ご不明な点がございましたら、フリーダイヤル:0120-676-147までご連絡ください。

【築年数】

10年前後~45年前後が対象になります。
築年数10年以下でも「台風○号」・「○月○日の暴風雨」などが原因で雨漏りがしはじめたなどと、自覚されている場合は対象になります。

【屋根修理・塗装の有無】

5年以内に修理・塗装をされている場合は、対象外になります。
しかし、「台風○号」・「○月○日の突風」などが原因で雨漏りがしはじめたなどと、自覚されている場合は対象になります。

【その他】

マンション・アパート・事務所・店舗・工場・倉庫なども対象になります。
お問合せは、当社フリーダイヤル:0120-676-147までご連絡をお願いいたします。

屋根の種類について

負担0円の屋根修理の対象となる屋根につきまして、更に詳細をまとめました。
貴方のお宅はどのタイプなのか、どうぞ参考にしてください。

どうしてもタイプが分からない場合など、何かございましたらお気軽にお問い合わせください。0120-676-147(年中無休 9:00~18:00)

対象となった建物写真

実際に負担0円の屋根修理の対象になった建物写真です。
あなたのお宅も、このようになっていませんか?

棟板金接合部コーキング不良 棟板金接合部コーキング不良 釘抜け
スレート瓦の割れ スレート瓦の浮き
釘の浮き1 釘の浮き2
スレート瓦の浮き 和瓦のずれ、漆喰のはがれ
和瓦の欠損 漆喰のはがれ
アンテナの倒壊(瓦棒屋根) 瓦のずれによる漆喰との隙間(防水不良)
和瓦の浮き1 和瓦の浮き2
和瓦のずれ 雨どいのはずれ

上記のような状態でしたら、ほぼ100%保険申請は問題ありません。

今すぐ、無料屋根鑑定調査をお申込みください!

鑑定調査は100%当社負担です。あなたにリスクはありません。

鑑定調査された経緯

雨が降ると雨漏りが心配です。
ただ、風の吹き方で雨漏りがしない場合もあります。
風のない日で、雨だけが降る日は雨漏りがありません。
でも、南風が吹いているときの雨は、同じところから雨漏りがしてしまいます。
雨の量が少ないと、壁が少し濡れているだけなので、ほったらかしています。
量が多いと、床まで濡れてしまうので大変です。
屋根を見ても割れてもいないので、そのままにしていますが、雨が降るたびに風の心配をしなくてはいけないので、気が気ではありません。

雨樋に枯葉が詰まっています。
雨が降ってくると、雨樋の真ん中あたりから雨があふれて落ちてくるので、地面がえぐれてきて困ります。
そのたびに、雨が降る中で雨樋のつまりを取り除く作業が増えて困っています。
また、雨樋を支えている金具がさびてきて、外れているところも増えてきました。
外れているところは、屋根からの水が直接地面に落ちるので、地面に穴が開いてきてしまいました。
雨樋だけの修理は、自分でした方がいいのかどうか迷っています。

banner_request04_off

index_five_promise

area_text

電話で「簡易屋根診断」が受けられます TEL 0120-676-147 土日祝日も受付 9:00~18:00

PAGETOP