屋根修理料金は負担金0円で可能!

屋根修理 神奈川県横浜市

修理実績一覧表

神奈川県横浜市 屋根修理報告書

屋根修理 施工前

工事日の全景写真です。

外部足場組立状況です。

足場組立完了です。

施工前、板金の状態です。
コロニアルとの隙間が出来ています。

屋根修理 施工中

バールを使い屋根材を傷つけない様に丁寧にはがしていきます。

棟換気はシリコンで止まっていましたのでカッターを使い切り離していきます。

板金を剥がした状況です。
少し湿気が上がっていました

板金撤去全景です。

次は下地の木材を剥がします
先ほどの板金よりもさらに気を付けてはがしていきます。

下地撤去状況です。

下地貫板撤去全景です。

下地を撤去後に釘の穴が空きますが写真の材料を使い塞いでいきます。
この材料は防水性&接着性があり使いやすい良い材料です。

これが撤去後の穴です。

先ほどのシリコンを塗布しました。

コロニアルの割れです。

まず撤去します。

KMEWという会社のこの材料を使いました。

加工したものを配置します。

釘とシリコン両方で固定しました。

新規の木材を止めている状況です。

このビスを使いました。これは特殊なビスで浮きを防ぐ役割を果たします。

この様に木材に深く沈めしっかりと固定しました。

新規木材取付完了です。

次は上部の金属部分「棟包板金」を配置します

板金はこの釘で先ほどの下地へ向け固定します。
この釘もスクリューのステンレス釘ですので、この部分から錆びてくる事はないです。

しっかりと固定します。

板金は継ぎ目が出来ますがごらんの様に内部をシリコンにて固定する事で防水性を高めより強固なものにします。

シリコンを塗布した所へ板金を納めている状況です

「巴」と言われる所ですがここもシリコンで防水&接着しました。

仕上がりはこの様な感じです。

板金取付完了です。

「ドウマ」と言われる部分の板金もこの様に完了しました。

「水切り」といわれる部分の釘が浮いていました。

ハンマーで打ち直し・・・

シリコン塗布して釘が再び浮いてこない様に処理しました。

屋根修理実績一覧表

屋根修理後、実際にお客様にお渡しした報告書です。

banner_request04_off

index_five_promise

電話で「簡易屋根診断」が受けられます TEL 0120-676-147 土日祝日も受付 9:00~18:00

PAGETOP