屋根修理料金は負担金0円で可能!

埼玉県 屋根修理・雨漏り修理

修理実績一覧表

埼玉県 屋根修理報告書

屋根修理 施工前

工事日の全景写真です。
玄関の前から梯子を、バルコニーから脚立を架けさせて頂きました。ありがとうございます。

この部分は設置する所が金属の雨樋でしたので、ゴム製のマットで保護しました。

屋根修理 施工中

バルコニーの上は塩ビでしたので、垂木をはさんで養生しました。

施工に移っていきますがその前に瓦を傷めない為と汚さない様に養生をしっかりとしていきます。

この様にしっかりと養生しました。

反対もこんな感じです。

次に、この部分(面戸と言います)を先に補強します。

回りに残っているしっくいを剥がして・・・

この様な状態までにします。

霧吹きで水をかけて中の土を締固めます。
こうすることにより、材料ののりも良くなります

こんな状態です。

次にコテで漆喰を塗布していきます。
今回は南蛮漆喰を使用しました。

コテで均し固めて強度を出していきます。

大棟の面戸しっくい補修完了です。

次に、「台面」と言われる一番下の「のし瓦」をシリコンで固定します。

シリコンで固定することにより、地震等でのズレも最小限に抑える事が出来ます。

この部分は防水性に関して重要な部分ですので、しっかりと漆喰塗布しました。

この部分も上と同じです。

「鬼瓦」と言われる所ですが、全てこの様に漆喰を塗布して防水を行いました。

続いて、「棟の取り直し」の工程です。
上部の丸い瓦を撤去して内部の土が見えてきました。
少し痩せていました。

丁寧に撤去していきます。

撤去後の清掃をしています。

瓦の中はこんな状態でした
土は痩せ、このまま放置していましたら、この下の構造部分を侵食していたに違いません。
今回、補修されて大変良かったと思います。

その下の段を同じ工程で撤去&清掃をしていきます

固縛していた銅線にも注意を払い、作業していきます。

工程は進んでいき・・・

最深部へ到達しました。
土を撤去清掃して、積直しの工程へ移ります。

まず、上部より南蛮漆喰を充填します。

コテを使い均し固め強度を出していきます。

均し終わり、瓦の継ぎ目へ南蛮漆喰を置いていきます。
これは高さの調整と瓦を固める事が目的です

同様の工程を繰り返していきます。

コテで均し・・・

この様な感じです。

繰り返し棟瓦を積んでいきこの段まできました。

最後に上部丸瓦を積みます

棟の通りを確認して、まっすぐに通します。

銅線の固縛状況です。

しっかりと、ズレて来ない様に強く結びました

この様な感じです。

棟補修工事完了です。

その他、門の上や下屋も同様な工程で補修しました。

屋根修理実績一覧表

屋根修理後、実際にお客様にお渡しした報告書です。

banner_request04_off

index_five_promise

電話で「簡易屋根診断」が受けられます TEL 0120-676-147 土日祝日も受付 9:00~18:00

PAGETOP