屋根修理料金は負担金0円で可能!

屋根写真集(対象例)

  • HOME »
  • 屋根写真集(対象例)

屋根写真集(対象例)

実際の被災例

実際に、負担0円の屋根修理の対象になった屋根の写真です。
あなたのお宅の屋根も、このようになっていませんか?

棟板金接合部コーキング不良 棟板金接合部コーキング不良 釘抜け
スレート瓦の割れ スレート瓦の浮き
釘の浮き1 釘の浮き2
スレート瓦の浮き 和瓦のずれ、漆喰のはがれ
和瓦の欠損 漆喰のはがれ
アンテナの倒壊(瓦棒屋根) 瓦のずれによる漆喰との隙間(防水不良)
和瓦の浮き1 和瓦の浮き2
和瓦のずれ 雨どいのはずれ

上記のような屋根の状態でしたら、ほぼ100%保険申請は問題ありません。

今すぐ、無料屋根鑑定調査をご依頼ください!

屋根鑑定調査は100%当社負担です。あなたにリスクはありません。

屋根鑑定調査された経緯

集中豪雨の後、外を見ると瓦が落ちていました。
その場所にいたらと思うとぞっとします。
屋根の左右にある隅棟という部分が滑り落ちていました。
その部分だけでしたので、こんなことがあるとは思いませんでした。
4か所あるうちの、2か所が落ちていました。
残っている2か所には鬼瓦が付いています。
やり直すのなら、同じ鬼瓦を付けたいと思います。
次の豪雨で後の2か所も落ちたりしないのかとか、かなり古い形の鬼瓦なので同じものがあるのか等心配しています。

近くに新築の家が立ち並び、自宅の家の屋根がすごく古く感じています。
30年は過ぎていますが、屋根の吹き替えをしなくてはいけないのでしょうか?
屋根の吹き替えをしたくても、やはり、かなりの費用がかかると聞いています。
瓦屋根の方がいいのか、最近の屋根の方が災害にも強いのか等知らないことが多いので決めかねています。
まだ、雨漏りがないのでこのままでもいいとは思いますが、いい方法があれば吹き替えを考えたいのです。

banner_request04_off

index_five_promise

area_text

電話で「簡易屋根診断」が受けられます TEL 0120-676-147 土日祝日も受付 9:00~18:00

PAGETOP