屋根修理料金は負担金0円で可能!

屋根の豆知識

  • HOME »
  • 屋根の豆知識

屋根の豆知識

屋根の豆知識お教えします

このページでは、屋根についてのあれこれをお教えいたします。
知っておくと、屋根修理についてより詳しくなれますよ。

屋根について

屋根は家を長持ちさせる、重要な役目をもっています。
たとえデザイン的に優れていても、水はけが悪かったり、落ち葉やゴミがたまりやすいと、雨漏りの原因にもなります。
屋根は家を建てる際の初期段階から注意が必要でしょう。

屋根材料の種類

屋根材料の種類金属系
亜鉛メッキ鉄板がよく使われています。
他にも、アルミニウムや銅板などの材料も使われる事があります。
瓦に比べて軽く、勾配も緩くすることができます。

スレート系
石綿とセメントをミックスして作る石綿スレートが代表的です。
無石綿の素材の物も開発されて、使われるようになっています。
特長は軽く、カラーも豊富です。
欠点として「割れやすい」という事が挙げられるのですが、差し替えも容易なので多く使われています。

瓦系
日本瓦と洋瓦があります。
日本瓦は日本で作られたため、日本の風土にあっているという最大の特徴があります。具体的には耐水性、断熱性、遮音性、耐久性などの面が大変優れているのです。
しかし重く割れやすいので、コストがかかってしまうという欠点もあります。

屋根修理について

屋根修理について屋根修理のタイミングは、どんな種類の材料を使っているかによって大きく違ってきます。
屋根そのものの寿命は、粘土瓦(焼き瓦)で20年~25年くらい、スレートやセメント系は10~15年程度で表面の防水機能が衰えるので15年ごとにお手入れが必要だと言われています。
風雨や地震などで影響を受ける事もありますので、瓦そのものに問題が無くとも定期メンテナンスは必要になってきます。

そうした定期的なメンテナンス・点検を行うことが、瓦を長持ちさせるためには必要となってきます。
ちょっとでもおかしいと思ったら、またそうでなくても定期的に診断を行った方がいいでしょう。
少しでも気になったら、鑑定調査をご相談ください。

ルーフィング

雨水、湿気から守る防水シートの事です。
降雨時に材の下から雨水が浸水してくるのを防ぐのがこのルーフィングです。

野地板

垂木の上に張る下地板のことです。
野地板の下にルーフィングを敷いて、その上に屋根材を葺いていきます。

チョーキング

チョーキングとは、紫外線や風雨などの影響により、屋根・外壁部分の塗膜が劣化した状態のことを言います。
チョーキングの名前の由来ですが、直接手で触ると白い粉が付着するためである、と言われています。

修理費用について

修理の費用ですが、屋根の材料だけでなく形状や勾配などでも修理費に差がでてきます。
切妻や寄棟などの形状や勾配がきついかどうかで、修理手間が変わり、費用にも影響します。

切妻よりも寄棟の方が高く、また、軒の出が深く、急勾配で、屋根の重なりが多いとそれだけ費用は高くなります。

banner_request04_off

index_five_promise

電話で「簡易屋根診断」が受けられます TEL 0120-676-147 土日祝日も受付 9:00~18:00

PAGETOP