屋根修理料金は負担金0円で可能!

負担金無の秘密とは?

  • HOME »
  • 負担金無の秘密とは?

h2_about02

負担金なし(実質無料)で本当に屋根修理工事ができます。

雨漏りや屋根・雨どい・瓦のトラブルでお困りの方はルーフパートナーにご相談ください。
「負担金0円の屋根修理」は、すでにご加入済みのあなたの火災保険(の風災補償等)を活用して実質費用無料で雨漏り・屋根の補修工事を行うサービスです。

「屋根鑑定調査」を申し込まれた約80%の方は、実質無料で屋根・雨漏り・瓦の修繕をされています。
img_about02_1
注1)通常の屋根修理負担額は、状況・状態で異なります。
注2)負担金無しについて:火災保険会社等への書類送付・電話連絡・FAXなどの通信費、振込手数料などは除きます。

for_hajimete02_off

 

火災保険の活用方法

具体的な火災保険の活用方法は、ほとんどの火災保険で基本補償の対象になっている風災への申請で保険請求を行なっていただく方法です。
給付された保険金をそのまま屋根修理費用へ充てることで、負担金無し(実質無料)で屋根補修ができます。

わかりやすい例え
後方より追突自動車保険にご加入の方が乗車中、完全に停車していたにもかかわらず、不幸にも後方より追突された事故。この場合は過失割合が10対0なので、保険申請すれば、すべて保険で修理してもらえますよね!
私たちが提供している「負担0円の屋根修理」も同じ仕組みなのです。風災に遭ったのは、100%あなたの責任ではありませんよね。保険申請をすれば、あなたも負担金無し(実質無料)で屋根を修理することは可能です。

 

火災保険の風災補償って何?

突風、暴風雨、強風、旋風、台風、ビル風、つむじ風、砂嵐、季節風、木枯らし、春一番、局地風(おろし、だし)、竜巻、吹き返しの風などの気象状況が原因で、建物に損害が生じた場合に保険金をお支払いすること。


ご自身で確認されたい方は、ヤフー、グーグルで「風災補償」と検索してみてください。

火災保険請求は、なぜプロ(当サイト)を利用したほうがいいのか?

【注意事項】個人での火災保険請求は、ほとんど大幅減額・否決されているのが現状です。
しかも、一度減額されると我々のようなプロが再申請しても認定されることはまず、ありません。

一般的な火災保険請求の流れは以下の通りです。

■火災保険会社へ事故報告
  ↓
■損害確認、保険請求書類の提出
  ↓
■提出書類の確認、損害額の確定
  ↓
■保険給付金の支払い

この流れだけをみれば、簡単そうで個人でもすぐに保険請求できそうですが…。
もちろん、請求するだけならだれでもできるでしょう!
請求した金額を火災保険会社が認定して保険金を支払ってもらわないと何の意味もありませんよね!
img_about02_4
火災保険請求書類に下記事項などを記入・準備する必要があります。(1例です。)

    1. ご契約者様のお名前
    2. ご契約の保険証券番号
    3. 被災の日時
    4. 被災の場所
    5. 被災の原因
    6. 被災の状況・損害の程度
    7. 被災写真など

(1)(2)は保険証書に書かれているので、個人の方でも可能です。
しかし、(3)~(7)はちょっと難しいのでは?
詳しくご説明いたします。雨漏りを例にお話いたします。

(3)被災の日時
雨漏りに気づいた日時ではありません。雨漏りの原因(風害など)が発生した日時です。
今回の雨漏りの原因が1週間前の突風なのか、半年前の春一番なのか、1年前の台風なのかは、一般の方では判断が困難ではないでしょうか!

(4)被災の場所
雨漏りがしている場所ではありません。
外部から屋根内部に雨が侵入している場所です。
南側の天井で雨漏れが発生していても、もしかしたら、
東側から屋根内部に雨が侵入しているかもしれません。

つまり、2階部分の雨漏りであれば、2階の屋根に上り確認する必要があります。

(5)被災の原因
今日、台風がやってきて、すぐに雨漏りがしはじめたのなら、2011年○月○日の台風○号が原因と特定できるかもしれませんが、そのような事例は稀です。
雨漏りの原因は、以前に被災し、そこから雨が徐々に侵入して、やがて天井に雨染みができる場合がほとんどです。
過去にあった被災(風害など)について詳しく記載する必要があります。

たとえば、台風を例にしますと、自宅地域(市区町村別)での正確な滞在時間はもちろん、最大風速や風向きなど。

(6)損害の程度
具体的には工事費用や修理代金になると思うのですが、これも一般の方には、無理でしょう!
もちろん、屋根に上る必要があり、また屋根裏などにどこまで雨が侵入しているか見極める能力・経験も必要になります。

(7)被災写真
写真撮影には、どうしても屋根に上る必要があるため危険を伴います。
個人で撮影されるのはお勧めできません。
世の中にプロのカメラマンが存在するように、被災写真を撮るのもちょっとしたコツがあります。
写真の撮り方によって保険給付金額に大きく影響することも考えられます。

心構え

kokorogamae02

最後に

何事も経験ということで、ご自身で保険請求をされるのであれば、よろしいかと思いますが、実質無料で屋根修理をしたいとご希望の方は、ぜひ私たち(プロ)におまかせ下さい。やはり、「餅は餅屋」ではないでしょうか!


banner_request04_off

index_five_promise

area_text

電話で「簡易屋根診断」が受けられます TEL 0120-676-147 土日祝日も受付 9:00~18:00

PAGETOP